後悔のないようにポジティブにとらえて、すべて取り入れてみましょう。

妊娠するために取り組んだ方がよいことは、できればすべてやっておきたいですね。

妊娠に向けて頑張っているけど、なかなか結果がでないとき、ちょっと焦ったりすると思いますが、自分の身体が健康であることが第一です。

それ以上もそれ以下もないのです。

気持ちを楽にして、自分でできることを行いましょう。

まず身体のデトックスです。

産婦人科で不妊治療に通う、あるいは自然妊娠で頑張る、どちらにしても身体が十分に良い状態にしておくことが大切です。

デトックスの方法は、玄米菜食を徹底する期間を持つ事です。

肉類も大事なたんぱく質ですが、もしも身体の具合がよくない…という長年の疲れがたまっているようでしたら、2か月ほど肉類はやめて、玄米中心の粗食で、豆類などから良い植物性のタンパク質をとりましょう。

その間に腸内の環境が改善されて、お腹の調子や肌の調子も良くなり、気持ちもすっきりとしてくるはずです。

妊娠するためには、身体を良い状態にもっていくことが大事です。

もしも、不調を感じていたら、鍼治療をおすすめします。

東洋医学で自分の身体の自然治癒力を促し、血流をよくして、老廃物もどんどん浄化していきます。

鍼治療には、妊娠をしやくするツボに鍼をうって効果を期待することもできますので、先生に相談してみましょう。

妊娠するために取り組むことは、イメージトレーニングも大事です。

もちろん、人間には、どんなに臨んだり、どんなに信じても、どうしても不可能だということもあり、自分の力だけではたちうちできないことも、本当にたくさんあるものです。

でも、自分が最大限に信じて臨んでいることは、大きな不思議な力となって働きます。

まずは自分自身が信じて、妊娠するために良いことをいろいろトライしてみようと、ポジティブシンキングでいることが大事です。

妊娠するために良い、と聞けは何でもトライしてみたくなる…というのが人情ですね。

その時、できるだけ自然に近い形を心掛けることが大事です。

例えば、サプリメントも、錠剤になった時点でやはりお薬の一種です。

信頼できるものを選ぶべきですし、可能ならば、その必要な栄養素は、質の良い食事から摂りたいものです。

そのためには知識が必要ですね。

栄養素の知識はもちろんのこと、食の安全性の知識も増やしていくべきです。

自分が今、口にしているものが、自分の身体を作り、血液を作り、子宮へも送り込まれているのです。

そのように自分の身体や自分の行動が見えてきたら、ゆっくりと睡眠をとって質の良い休息をとることも大切ですし、いつも笑顔で良い気を取り込むことだって大切です。