パートナーとの関係構築でスムースな妊娠を目指す

多くの男性は、「女性が妊娠したいと考えると、女じゃなくなる」と口を揃えます。

いままでは女性らしく、自分を一番に考えてくれたのに、「妊娠したい」という本能に気付いた途端に変身してしまうというのです。

さて、この男性の言い分に心当たりはありませんか?

二人きりでムード溢れる夜を過ごしていたのに、排卵日という言葉を連発するようになったり。

健康そのものの生活を送っているにも拘らず、精力アップのサプリメントの摂取を強要したり。

こういった男性の悲劇に鈍感になっていませんか?

女性としては、「二人の赤ちゃんを望むからこそ気遣っているのに、嫌がるなんて言語道断!」と怒り心頭といったところでしょう。

また、このような行為を否定され、「それの何処がいけないの!?」と反論してしまうかもしれませんね。

妊娠は、人間の機能としては至って自然なこと。

性行為を行えば、妊娠するのは当然です。

しかしながら、男性は単にオスであることを望みません。

世継ぎに気遣わなくてはならないご時世ならばいざ知らず、現在ではそのような事情は一般的ではないはず。

男性が望むのは、あくまでも女性としてのあなたであり、メスとしてのあなたではないのです。

実際に、妊娠をする為だけに熱意を注いだ女性のパートナーは、「幸せ」からは程遠い表情をしているものです。

妊娠をするのは女性であり、妊娠中には大変な思いをし、更には命がけで出産しなければならないのは事実。

男性の心のケアまでは手が廻らないのが本音でしょう。

でも、そこはあなたの器量で男性を持ち上げてあげましょう。

「あなたとの子育て生活は、きっと幸せだわ」

「赤ちゃんがあなたにそっくりだと嬉しい」

このような「あなた」がいるからこそ、私は妊娠を望んでいるという姿勢を前面に出しましょう。

「赤ちゃんが生まれても、デートしてくれる?」

男性が純粋に喜ぶセリフも効果的です。

なかなか妊娠出来ないからといって「妊娠すること」だけに捧げる毎日は、パートナーとの関係を悪化させてしまうことを忘れてはならないのです。

妊娠するまでの間には、それまで以上に深い信頼関係を築き、愛情を深める必要があります。

特に結婚するまでの期間が短かったカップルは要注意!

ゴールインまでの熱が冷めるのと妊活のストレスが重なると、非常に困った状態に陥ってしまうからです。

穏やかな生活、相手を気遣う言葉、将来を楽しみに思う気持ちの余裕。

これらのバランスが整ってこそ、スムースな妊娠が訪れるのです。

これらを直接的でないと侮るなかれ。

妊娠は、あなたが思っている以上にデリケートなものなのです。

パートナーが精神的に萎えてしまうことがありませんように!