パートナーとの関係構築でスムースな妊娠を目指す

多くの男性は、「女性が妊娠したいと考えると、女じゃなくなる」と口を揃えます。

いままでは女性らしく、自分を一番に考えてくれたのに、「妊娠したい」という本能に気付いた途端に変身してしまうというのです。

さて、この男性の言い分に心当たりはありませんか?

二人きりでムード溢れる夜を過ごしていたのに、排卵日という言葉を連発するようになったり。

健康そのものの生活を送っているにも拘らず、精力アップのサプリメントの摂取を強要したり。

こういった男性の悲劇に鈍感になっていませんか?

女性としては、「二人の赤ちゃんを望むからこそ気遣っているのに、嫌がるなんて言語道断!」と怒り心頭といったところでしょう。

また、このような行為を否定され、「それの何処がいけないの!?」と反論してしまうかもしれませんね。

妊娠は、人間の機能としては至って自然なこと。

性行為を行えば、妊娠するのは当然です。

しかしながら、男性は単にオスであることを望みません。

世継ぎに気遣わなくてはならないご時世ならばいざ知らず、現在ではそのような事情は一般的ではないはず。

男性が望むのは、あくまでも女性としてのあなたであり、メスとしてのあなたではないのです。

実際に、妊娠をする為だけに熱意を注いだ女性のパートナーは、「幸せ」からは程遠い表情をしているものです。

妊娠をするのは女性であり、妊娠中には大変な思いをし、更には命がけで出産しなければならないのは事実。

男性の心のケアまでは手が廻らないのが本音でしょう。

でも、そこはあなたの器量で男性を持ち上げてあげましょう。

「あなたとの子育て生活は、きっと幸せだわ」

「赤ちゃんがあなたにそっくりだと嬉しい」

このような「あなた」がいるからこそ、私は妊娠を望んでいるという姿勢を前面に出しましょう。

「赤ちゃんが生まれても、デートしてくれる?」

男性が純粋に喜ぶセリフも効果的です。

なかなか妊娠出来ないからといって「妊娠すること」だけに捧げる毎日は、パートナーとの関係を悪化させてしまうことを忘れてはならないのです。

妊娠するまでの間には、それまで以上に深い信頼関係を築き、愛情を深める必要があります。

特に結婚するまでの期間が短かったカップルは要注意!

ゴールインまでの熱が冷めるのと妊活のストレスが重なると、非常に困った状態に陥ってしまうからです。

穏やかな生活、相手を気遣う言葉、将来を楽しみに思う気持ちの余裕。

これらのバランスが整ってこそ、スムースな妊娠が訪れるのです。

これらを直接的でないと侮るなかれ。

妊娠は、あなたが思っている以上にデリケートなものなのです。

パートナーが精神的に萎えてしまうことがありませんように!

後悔のないようにポジティブにとらえて、すべて取り入れてみましょう。

妊娠するために取り組んだ方がよいことは、できればすべてやっておきたいですね。

妊娠に向けて頑張っているけど、なかなか結果がでないとき、ちょっと焦ったりすると思いますが、自分の身体が健康であることが第一です。

それ以上もそれ以下もないのです。

気持ちを楽にして、自分でできることを行いましょう。

まず身体のデトックスです。

産婦人科で不妊治療に通う、あるいは自然妊娠で頑張る、どちらにしても身体が十分に良い状態にしておくことが大切です。

デトックスの方法は、玄米菜食を徹底する期間を持つ事です。

肉類も大事なたんぱく質ですが、もしも身体の具合がよくない…という長年の疲れがたまっているようでしたら、2か月ほど肉類はやめて、玄米中心の粗食で、豆類などから良い植物性のタンパク質をとりましょう。

その間に腸内の環境が改善されて、お腹の調子や肌の調子も良くなり、気持ちもすっきりとしてくるはずです。

妊娠するためには、身体を良い状態にもっていくことが大事です。

もしも、不調を感じていたら、鍼治療をおすすめします。

東洋医学で自分の身体の自然治癒力を促し、血流をよくして、老廃物もどんどん浄化していきます。

鍼治療には、妊娠をしやくするツボに鍼をうって効果を期待することもできますので、先生に相談してみましょう。

妊娠するために取り組むことは、イメージトレーニングも大事です。

もちろん、人間には、どんなに臨んだり、どんなに信じても、どうしても不可能だということもあり、自分の力だけではたちうちできないことも、本当にたくさんあるものです。

でも、自分が最大限に信じて臨んでいることは、大きな不思議な力となって働きます。

まずは自分自身が信じて、妊娠するために良いことをいろいろトライしてみようと、ポジティブシンキングでいることが大事です。

妊娠するために良い、と聞けは何でもトライしてみたくなる…というのが人情ですね。

その時、できるだけ自然に近い形を心掛けることが大事です。

例えば、サプリメントも、錠剤になった時点でやはりお薬の一種です。

信頼できるものを選ぶべきですし、可能ならば、その必要な栄養素は、質の良い食事から摂りたいものです。

そのためには知識が必要ですね。

栄養素の知識はもちろんのこと、食の安全性の知識も増やしていくべきです。

自分が今、口にしているものが、自分の身体を作り、血液を作り、子宮へも送り込まれているのです。

そのように自分の身体や自分の行動が見えてきたら、ゆっくりと睡眠をとって質の良い休息をとることも大切ですし、いつも笑顔で良い気を取り込むことだって大切です。

アレルギーとか危険なことがあたりまえ!?

歳の長女がいつも口ずさんでいます。「あたりまえ」って何にでも当てはまりますよね。今まで当り前でなかったことが、今では当り前ってことのひとつに「花粉症」ってのがありますよね。
私の周りで、そうでない人を探すのが難しいくらいです。今年は中国からの大気汚染も気になります。何だか危険なことが「あたりまえ」な世の中になってきたものですね。この花粉の季節というのは、鼻水や目のかゆみなどの症状が辛いのが特徴ですが肌がかゆかったりむずむずしたりもしませんか。

これは花粉症のアレルギー反応の一部だったり、暖かくなって肌がほてってかゆくなったり様々なんです。当たり前と割り切らずにそれぞれの人に合った薬や対策があるから慎重に対処してくださいね。ちなみに花粉症のアレルギーの対策は、やはり持ち込まない、持ち込ませない。花粉に触れないようにすることが大事です。あと、花粉は微粒子なので水分を含むと飛散しにくくなります。だから加湿器などで部屋の湿度を60%くらいに保つといいそうですよ。

若い子に婚活アプリを教えてもらいました(笑)

今日は年下のお友達と2人で前から目をつけていたエスニック料理屋さんでお食事をしました!

その子は今まだ20代半ばだけど彼氏がいないから、30歳までには結婚したいらしくて婚活を頑張ってるみたい。

既婚者の私には婚活は全く無縁な世界だけど、今の若い子達の婚活事情に興味があった私はついつい色々聞いちゃいました。

婚活しているとは前から聞いていて、私はてっきり結婚相談所に通っているのかと思っていたけど、その子がやっているのは、良さそうなイベントが開催されてる時はお見合いパーティーに参加して、メインでやってるのは婚活アプリなんだそうです。

私は婚活ができるアプリの存在自体知らなかったけど、Facebookで身元もしっかりした人に出会えるOmiaiって言うのをその子はやってるみたい。

昔は出会い系サイトくらいしかなくて、怖くてやる気しなかったけど、今は安全に出会えて良いね。失恋 立ち直り方としてもいいんじゃいのかなぁと感じます。

Facebookはやってるし、万が一独身になったら私もOmiaiやろうかな〜なんて、旦那に秘密の女子トークを楽しみました!

美容にいい水

何て名前だったかド忘れしてしまったのですが、、、美容にいい水を紹介してもらったことがあります。
地元の美容院さんでは、この水をいつも取りれていて例えばパーマをする前なんかにこの水を髪に浸透させてからパーマ液をつけると髪が傷みにくいそうなんです。
そしてこの水は万能で、化粧水にもなるようでアトピー体質や敏感肌の人もこの水をつけると肌がよくなります。

私も肌が弱いのでこの水使ってましたけど、水なので何がよいのかわからないけれど、やっぱり水なので肌のトラブルにはなりませんでした。
毎朝の髪の毛のお手入れにもこの水をシュッシュしてヘアセットしたり薄毛が気になっている人はこの水をつけていると抜け毛が減ったりする
んだそうです。あと、クセ毛の人もクセが落ち着くとか。

別の美容師さんに聞いてみると、水と髪の毛の因果関係ってあまり無いようなんですが、山の水とか体にいいじゃないですか。なんだかミネラルとかそのあたりの栄養がきっと入っているのでしょうね。
名前を思い出したらまたご紹介したいと思います。

便秘はほっておくと危険

生活リズムが崩れたり、食生活が乱れるとすぐに便秘になってしまいますが、便秘ってほっておくとけっこう危険。
便秘によって、吹き出物ができたり、お肌が荒れたり、腸内で毒素を吸収してしまったり、大腸がんを引き起こしてしまったり、痔にもなりやすくなったりといろいろなことを引き起こします。

よく便秘になるからと楽観視していたら、くせになってこんな症状が起きてしまうので早めの改善をすることが大切です。
便秘を解消してくれる食事をしたり、運動をして腸を活性化させたりとすることを心がけましょう。サプリメントで解消するのも一つの方法。便秘に効くサプリメントは、食物繊維系、乳酸菌系、漢方、ハーブ系などが良いそうです。
私は食生活が乱れ気味なので青汁を飲むようにしています。

また、日常的に便秘がちで根本から便秘を改善したい方には、酵素が良いそうです。
酵素とは、腸内の食べ物を消化、分解してくれる働きがあります。酵素が不足すると、消化や吸収がスムーズにできなくなるので、便秘や肌荒れの原因なります。酵素をとって便秘解消したいですね。

美活スクールって?

雑誌などのタイアップでイベントが行われることが多々あるのですが 美活スクールというものを知りました。就活に始まって婚活などの言葉がありますが、美を追求するという美活って なんだか前向きな感じでいい響きですよね。 婚活などは特に婚活サイトがたくさんありますよね。 スクールということもあって、セミナーなどもあり、色々な商品を 手にとって興味と知識を増やすということが目的のようです。 スペシャルゲストのトークショーなどイベントは楽しそうだし何より一番興味があるのは、サンプルなどのお土産がたくさんもらえるということです。

こういうの全国展開して田舎にも来てほしいなあ。 絶対参加するのになあ。やっぱりプロの方たちとふれあい、アドバイスをもらえたりするのは とってもありがたいです。それにこういうところに来る方っていうのは、やっぱり美に興味がある方たちだからその人たちのファッションやメイクも参考になります。たくさんの人が集まるところにいくというのはいい刺激にもなりますね。

お肌の大敵

お肌の大敵の紫外線。これから守るために必死に紫外線対策をしています。というのもシミ・ソバカスが気になってきたからです。しかーし、こればっかりに気をとられていると足元すくわれます。というか私はひっかかっちゃってコケちゃいそうでした。
これだけ気をつけてるのになかなかソバカスが消えない。それで美容関係の仕事をしている友人に相談してみたらなんとソバカスの原因は「ストレス」なんだとか。だからいくら紫外線対策をして、肌ダメージを減らしたとしてもストレスがあれば肌にソバカスとして影響するのだそう。あと内臓もね。体が不調だとシミ・ソバカスが出来やすいみたい。だからハイチオールCとか飲むのもいいんだって。
というわけで、ストレスなんて簡単になくなるものじゃないしあまり気にしてないのにあるストレスなんて余計にどうしようもない。だからなるべく自分の時間を持つようにしたり、家事育児に没頭しないようにしたり。
心も健康じゃないと肌はキレイにならないんだね。ストレスためないために 子育て中のママはどうしてるんだろ。気になります。

花粉からお肌を守ろう

最近お肌がカサカサするし荒れるなと思っていたのですが、これはもしかして花粉が原因かもしれません。花粉はたくさん飛んでいますから、くしゃみや目がかゆくなったりといろんなアレルギー反応がおこるのですが、お肌にもアレルギー反応は起こるそうです。

美肌を守るためにも花粉対策は心得ておかないといけませんよね。花粉が肌にくっついたらかゆみなどでこすってしまいがちですけど、こすると肌に細かい傷がついてしまうのでこすらないように早めに医療機関に受診にいくことが大切だそうです。とくに目のまわりなど、皮膚の薄い部分は荒れやすいのでこすらないようにしないと、あとあと小じわの原因にもなったりするそうです。

すっぴんで外出するのも素肌に直接花粉がついてしまうので控えた方が良いそうです。水分補給をしっかりして肌の乾燥を防いで、保湿をしっかりすることが、肌荒れにならないためには大切だそうです。花粉に負けずにお肌を守っていきたいですね。

美肌のために適温で洗顔

美肌に大切なことのひとつに洗顔がありますが、洗顔する時ってお湯の温度も気をつけた方がいいらしいです。洗顔をする時のお湯の温度も適温があって、ちょうど良い温度で洗顔することがより肌を傷ませず、美肌のためにも大切だそうです。皮脂が顔から溶け出すのは30度と言われていますから、洗顔する時はお湯の温度を30度以上にしたら良いそうです。でも、ここで注意することがあって、30度以上なら何度でもいいかというとそういう訳でもないそうです。
ついつい、寒い日などはお湯の温度を温かくして洗顔したいところですが、あまり温度を上げすぎるとシワやくすみの原因になるそうです。たしかに、熱い温度のお湯で洗うと皮膚の水分も蒸発しやすくなるから、肌がカサカサしてくる時ってありますよね。手を洗う時なども、あんまり熱い温度で手を洗うと荒れたりしやすいし、顔なんてもっと荒れそうですよね。35度以上のお湯で洗うのは要注意だそうです。

キウイで美肌効果

美肌には果物が良いとはよく聞きますが、なかでもキウイは美肌効果がたくさんはいった美肌フルーツなんだそうです。これは食べないといけませんよね。肌がキレイになるならたくさん食べたいですね。

キウイにはビタミンC、食物繊維、カリウム、葉酸、ビタミンE,ポリフェノール、酵素などたくさんの美容成分が含まれています。美容に敏感な人ならどこかで美肌に効果があると聞いたことがある成分が含まれていると思います。ビタミンCは、みかんの2倍ふくまれているし、食物繊維はバナナの2倍ふくまれています。どちらも美肌に効果がありますから、キウイを食べて美肌になりたいですよね。

キウイは、グリーンキウイとゴールデンキウイがよく知られていると思いますが、ゴールデンキウイの方が甘味が強くビタミンCが多いことが特徴だそうです。グリーンキウイは食物繊維が多いのが特徴だそうです。どちらのたくさん栄養がふくまれていますから、キウイを食べて美肌になりたいですね。

乾燥もニキビの原因

冬になると寒くなるのでお肌が乾燥しますよね。お肌が乾燥しているからあんまりニキビにならないと思っていたのですが、冬にもけっこうニキビはできますよね。乾燥していると余分な皮脂もでなさそうだし、逆にカサカサになってしまうと思っていたのですが、ニキビは乾燥が原因でできることもあるそうです。

お肌が乾燥するとカサカサになってしまいますけど、同じように毛穴も乾燥してカサカサになってしまいます。毛穴がカサカサになると、毛穴の入口がふさがってしまい、皮脂がつまってしまいます。なので、乾燥そうもニキビには大敵だそうです。冬だからニキビができないと思っていたけど、こういう理由があるとなんだかニキビができるのも納得できます。

美肌になるためにはやっぱり乾燥はいけないんですね。でも、乾燥が気になるからといって、美容クリームとかをたくさん塗るのも油分がふえてニキビの原因になるんだそうです。バランスがむずかしいですけど、ニキビに気をつけたいですね。

前撮りも万全のお肌で臨みましょう。

結婚式の衣装で和装スタイルがありますが、それにもいろいろあって白無垢や色打掛・本振袖などありますが、今和装もカラフルでベースが黒だけでなく、黄色や水色・ピンクに至るまで本当に数多くあります。それでもやっぱり和装はお肌が白っぽくないときれいに見えないでしょう。白無垢の時は角隠しをつけますが、やっぱりうなじ部分は見えているのできれいにしておきたいですよね。
でも、普段はあまりそこまで手入れをしていません。前撮りの前にもブライダルエステをしてもらってお肌の手入れをしたほうがいいでしょう。当日の化粧のりを最高の状態にしておきたいですよね。前撮りの写真は、顔や手だけのアップや白無垢だと斜め後ろからの写真もあります。だから、どの部位も手を抜くことなく、一生残るものとして少しお金がかかるかもしれないけれど、エステをしてお肌を整えて、万全のお肌で臨んで欲しいなぁ。
今は、写真を撮った後にパソコン画面で修正ができるようですが、できるだけ修正しない写真を残しておきたいですよね。